名古屋・安城で弁護士に法律相談するなら ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

名古屋・安城の弁護士 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

愛知県名古屋市、安城市の法律事務所・弁護士7名・企業法務・一般民事の法律相談

取引には契約書を(1)【2004年1月号】      

                                                        弁護士 榎 本   修

  取引の際に一々契約書を作ることは面倒なものです。しかし、「どんな簡単な取引でも、契約書を作りましょう」というのが、今回のお話です。

Q.契約書なんかなくても、相手との長年の信頼関係があるから大丈夫?
 取引上の信頼関係は何よりも大切なものです。信頼関係がある限りは契約書など要りません。しかし、契約書が本当に威力を発揮するのは、関係が壊れた時です。関係が壊れてからでは、契約書などとても作れません。信頼関係があるうちにこそ作るべきなのです。

Q.契約書がなくても、商法や民法などの色んな法律で決まっているのでは?
 確かに民法や商法、その他の法律で様々なことは決まっていますが、当事者間に契約書がある場合、そのような民法・商法の規定よりも、契約書の規定が優先されるのが原則です。その意味で、契約書は契約当事者の間では「憲法」のような重要な存在なのです。法律相談で、まず、「契約書はありますか?」とお尋ねするのは、民法や商法にどんなに有利な条文があっても、契約書に別のことが書いてあれば、契約書が優先することが多いからです。そういった意味でも契約書はとても重要なのです。

 このニュースレターでは、次回以降、具体的な契約書の作り方や、契約書作成のための弁護士の上手な利用法について書かせていただく予定です。当事務所と顧問契約を締結していただいている顧問法人は、契約書作成や契約書のチェックについては、顧問契約の範囲内に含まれており、無料とさせていただいています。
 

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所
所在地 〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目
20番17号
KDX桜通ビル12階
TEL 052-938-5508
FAX 052-957-2677
●名古屋駅から地下鉄桜通線5分
●地下鉄久屋大通駅1番出口スグ
(1階にスターバックス)
nagoyamap.jpg

安城事務所
所在地 〒446-0059
愛知県安城市三河安城本町二丁目1番地10
KAGAYAKI SQUARE 3階
TEL 0566-72-7220
FAX 0566-72-7222
●JR三河安城駅から徒歩5分
●新幹線三河安城駅南口から徒歩3分
anjomap.jpg

サイトマップ