名古屋・安城で弁護士に法律相談するなら ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

名古屋・安城の弁護士 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

愛知県名古屋市、安城市の法律事務所・弁護士7名・企業法務・一般民事の法律相談

懲戒解雇の限界について【2004年11月号】

                                                  弁護士 安 田   剛
 
  取引先に対する2000万円以上の売掛金の回収を怠って、800万円以上が回収不能となり、会社に損害を与えた従業員Aを「懲戒解雇」することができるでしょうか?

 このような事例について、裁判所は「懲戒解雇は無効」という判断をしました。その理由について、詳細な点は割愛しますが、従業員Aの業務上の落ち度は確かに存在するけれども、売掛金が回収不能となったことはAだけに責任があるわけではなく、Aに対する指導監督を怠った上司や会社の側にも責任があるから、ということのようです。
 「懲戒解雇」は、会社の就業規則にその旨の規定がないと行うことができませんが、それだけでは不十分で、懲戒解雇することがやむを得ないといえるような従業員の行為の悪質性や背信性が必要となります。
 上記の事例で言えば、売掛金の回収を怠って会社に損害を与えたのは、従業員Aの業務上のミスであることは間違いないものの、「懲戒解雇」が有効といえるほどには、悪質な行為とは認められなかったということだと思われます。
したがって、上記の事例とは異なり、従業員が会社の金銭を横領したような場合(これは刑法上の業務上横領罪にあたることがあります)には、「懲戒解雇」も有効となる場合が多いといえるでしょう。
 もっとも、「懲戒解雇」が有効となるかどうかは、極めて微妙な判断です。裁判所の判断基準が非常に抽象的で曖昧であるため、ある程度結論の予測はできるものの、懲戒解雇が有効か無効かを100%の確率で判断するというのは難しいところがあります。そのため、懲戒解雇という厳しい処分をするのではなく、もう少し穏便な方法で処理することが必要な場合もあります。
 
 

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所
所在地 〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目
20番17号
KDX桜通ビル12階
TEL 052-938-5508
FAX 052-957-2677
●名古屋駅から地下鉄桜通線5分
●地下鉄久屋大通駅1番出口スグ
(1階にスターバックス)
nagoyamap.jpg

安城事務所
所在地 〒446-0059
愛知県安城市三河安城本町二丁目1番地10
KAGAYAKI SQUARE 3階
TEL 0566-72-7220
FAX 0566-72-7222
●JR三河安城駅から徒歩5分
●新幹線三河安城駅南口から徒歩3分
anjomap.jpg

サイトマップ