名古屋・安城で弁護士に法律相談するなら ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

名古屋・安城の弁護士 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

愛知県名古屋市、安城市の法律事務所・弁護士7名・企業法務・一般民事の法律相談

 裁判員制度が始まります 【2009年1月号】

                                           弁護士 丹  羽  恵  里  子

 最近ニュースなどでも取り上げられていますが、いよいよ今年の5月21日から裁判員制度が始まります。裁判所では広報用のビデオやパンフレットをよく見かけるのですが、いったいどのような制度なのか、裁判員制度に関しては皆様にも多くの疑問があることと思います。今回は、裁判員制度に関する疑問にQ&A形式でお答えしたいと思います。
 
Q 最高裁判所から「名簿記載通知」を受け取ったら、必ず裁判員になるのでしょうか。

A 「名簿記載通知」は、通知が届いた翌年1年間有効の裁判員候補者名簿に名前が記載されたことを知らせるものです。裁判員候補者名簿のなかから、事件ごとにくじで50人程度の裁判員候補者が選ばれ、その後さらに選任手続を経て、最終的に6人の裁判員が選ばれますので、「名簿記載通知」が届いたということは裁判員になる可能性があることを示しているだけで、必ず裁判員になるということが確定したわけではありません。

Q 裁判員を辞退することはできないのでしょうか。

 A 法律で定められた辞退事由に該当すると認められれば、辞退することができます。例えば、70歳以上の人や学生などは辞退をすることができます。また、重い病気やけがをしている方、妊娠中の方、その付き添いや介護をしなければならない方なども辞退をすることができます。しかし、仕事を理由とする場合には、当人が処理しなければ著しい損害が生じるおそれのあることを裁判所が認めない限り、辞退することはできません。裁判所は、①裁判員として職務に従事する期間、②事業所の規模、③担当職務について代替性があるかどうか、④予定される業務の日時変更の可能性があるかどうか、⑤裁判員として参加することによる事業への影響が直接的であるか等を考慮して判断するとしています。

Q 裁判員になったら、どんなことも他人に話してはいけないのですか。

 A 法廷は公開の場ですので、法廷で見聞きしたことであれば、話しても構いません。一方、どのような過程を経て結論に達したのか、裁判員や裁判官がいなかる意見を述べたのか、その意見に対する賛成や反対の数、最後の評決の多数決の人数などは漏らしてはいけないとされています。また、被害者等の事件関係者のプライバシーに関する事項、裁判員の名前等は漏らしてはいけないとされています。


ひかり弁護士法人アイリス法律事務所
所在地 〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目
20番17号
KDX桜通ビル12階
TEL 052-938-5508
FAX 052-957-2677
●名古屋駅から地下鉄桜通線5分
●地下鉄久屋大通駅1番出口スグ
(1階にスターバックス)
nagoyamap.jpg

安城事務所
所在地 〒446-0059
愛知県安城市三河安城本町二丁目1番地10
KAGAYAKI SQUARE 3階
TEL 0566-72-7220
FAX 0566-72-7222
●JR三河安城駅から徒歩5分
●新幹線三河安城駅南口から徒歩3分
anjomap.jpg

サイトマップ