名古屋・安城で弁護士に法律相談するなら ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

名古屋・安城の弁護士 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

愛知県名古屋市、安城市の法律事務所・弁護士7名・企業法務・一般民事の法律相談

~虐待を受けた子どもの保護後の生活を支える活動~ 【2010年5月号】

                                             弁護士  杉   浦   宇   子


  以前にもお話しました、私が関わっているNPO法人子どもセンターパオ
http://www.pao.or.jp/のお話をさせていただきます。

  パオは、現在、子どものシェルター「丘のいえ」を運営していますが、「丘のいえ」開設後すぐから、シェルターから次の行き先が、日本の社会の中にはあまりに少なすぎるという問題にぶつかっています。


  幼い頃に虐待が発見されて保護された子どもたちには、乳児院や児童養護施設や里親など比較的生活の場を確保しやすいようですが、中高生やそれ以上の年齢くらいで虐待が発見されて保護され、親元に戻せないような子どもたちは、なかなか行き先が確保できず大変つらい状況に陥ってしまうことが少なくありません。大人でも、生活の先行きが見えないと不安になりますから、親を頼れない子どもなら尚更です。

パオでは、そんな子どもたちが、休息や学習や治療やアルバイトなど、自立に向けての自分なりのテーマに取り組みながら安心してある程度長期間生活できる「グループホーム※1」や、「自立援助ホーム※2」がどうしても必要だということがずっと懸案事項となっていました。本来行政による十分な対応が為されるべき問題ですが、それを期待できず、また、待っていられない状況が現実に存在します。「ないなら作っちゃえ!!」と思いながらも、これらの施設を立ち上げるには、建設・内装費用や、人件費等維持費の確保等の点で、高いハードルがあり、悲しいことに、今のところ実現されていません(T_T) 日々子どもたちの辛い現状に接するパオのメンバーたちの気持ちは焦るばかり・・・・。

  ところが何と、今、とあるパオを支援下さる方からの働きかけがきっかけとなり、グループホームに利用できそうな物件を確保できそうな状況になってきたのです!!! 何とかこの機をつかまえて、グループホームを始動させて、安定した生活基盤を得られずに彷徨う子どもたちを少しでも支援したい!!! パオは、今年、この目標に向けて、子どもたちの困難な現状を理解してもらい広く支援を得られるよう活動しようと燃えています。

  まずは、この5月29日土曜日に、アスナル金山にて行われる「みんなの祭り無礼講」(
http://www.bureikou.jp/)というイベントで、ブースをもらって広報活動を行います。お時間のある方は、お立ち寄りいただけるとありがたいです。

1 生活に困難を抱えた子どもたちが、専門スタッフ等の援助を受けながら、小人数、一般の住宅で生活する社会的養護の形態のことです。
2 家庭にいられなくなり、働かざるを得なくなった原則として15歳から20歳までの青少年達に暮らしの場を与える施設です。

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所
所在地 〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目
20番17号
KDX桜通ビル12階
TEL 052-938-5508
FAX 052-957-2677
●名古屋駅から地下鉄桜通線5分
●地下鉄久屋大通駅1番出口スグ
(1階にスターバックス)
nagoyamap.jpg

安城事務所
所在地 〒446-0059
愛知県安城市三河安城本町二丁目1番地10
KAGAYAKI SQUARE 3階
TEL 0566-72-7220
FAX 0566-72-7222
●JR三河安城駅から徒歩5分
●新幹線三河安城駅南口から徒歩3分
anjomap.jpg

サイトマップ