名古屋・安城で弁護士に法律相談するなら ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

名古屋・安城の弁護士 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

愛知県名古屋市、安城市の法律事務所・弁護士7名・企業法務・一般民事の法律相談

製造物責任法について【2010年9月号】

                                   弁護士  今  井  千  尋


 今回は、製造業者にとって重要な法律である「製造物責任法」について、同法の内容をご紹介したいと思います。

☆製造物責任とは?

 製造物責任とは、引き渡した製造物の欠陥により他人の生命、身体又は財産を侵害したときに、これによって生じた損害を賠償する製造業者の責任をいいます。ここでいう「製造業者」には製造物を加工した者や輸入した者も含まれることに注意が必要です。

☆免責事由

 上記内容からも分かるように、製造物責任は製造業者の過失がなくても認められることに特徴があります。民法709条が、「『故意又は過失によって』他人の権利又は法律上保護される利益を侵害した者は、これによって生じた損害を賠償する責任を負う。」と規定されていることと対照的です。

 ただし、製造業者において一定の免責事由の存在を立証すれば、責任を免れることができます。免責事由は製造物責任法に規定があり、①製造物の引渡時における科学又は技術に関する知見によっては、当該製造物に欠陥があることを認識することができなかったこと、②製造物が他の製造物の部品又は原材料として使用された場合において、欠陥が専ら当該他の製造物の製造業者が行った設計に関する指示に従ったことにより生じ、欠陥が生じたことにつき過失がないこと、のいずれかです。②は下請業者を念頭に置いた規定です。

☆期間制限

 製造物責任の追及ができるのは、①「被害者が損害及び賠償義務者を知った時」から3年間です。また、②「製造物の引渡時」から10年経過した場合も製造物責任の追及ができなくなります。

 ただし、②については、一定の潜伏期間が経過した後に症状が現れる損害等につき、期間の起算点が、「製造物の引渡時」ではなく、「損害発生時」となる例外規定がありますので注意が必要です


 

ひかり弁護士法人アイリス法律事務所
所在地 〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目
20番17号
KDX桜通ビル12階
TEL 052-938-5508
FAX 052-957-2677
●名古屋駅から地下鉄桜通線5分
●地下鉄久屋大通駅1番出口スグ
(1階にスターバックス)
nagoyamap.jpg

安城事務所
所在地 〒446-0059
愛知県安城市三河安城本町二丁目1番地10
KAGAYAKI SQUARE 3階
TEL 0566-72-7220
FAX 0566-72-7222
●JR三河安城駅から徒歩5分
●新幹線三河安城駅南口から徒歩3分
anjomap.jpg

サイトマップ