名古屋・安城で弁護士に法律相談するなら ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

名古屋・安城の弁護士 ひかり弁護士法人アイリス法律事務所

愛知県名古屋市、安城市の法律事務所・弁護士7名・企業法務・一般民事の法律相談

「仮想通貨がすごいらしい」のその後  【2018年4月号】

                                           弁護士  加  藤  博  子


■急騰のあとの大暴落

昨年12月のニュースレターでビットコインの高騰について取り上げました。ちょうど11月から12月にかけて1か月で2倍に急騰し話題になっていた頃で、投資話も多いけれどご注意ください、というお話でした。その後、ご存知の方も多いかと思いますがビットコインの価格は急激に下がり、12月17日には1ビットコイン=約220万円だったものが1か月後の今年1月17日にはなんと半分の1ビットコイン=約105万円にまで暴落してしまい、さらに大きなニュースになりました。  

昨年1月から現在までのビットコインの時価総額等をチャートで見ると、次のように非常に激しく動いていたことがわかります。なお、このような動きはビットコインに限らず仮想通貨全体に起きていました。

■仮想通貨のリスク

ビットコインを支える「ブロックチェーン」と呼ばれる技術(改竄に非常に強いと言われています)や、国や銀行が管理していないためスマホさえあれば世界のどこでも決済に使えるといった点で、仮想通貨は注目されていますが、上記のような急変動からすると、リスクは極めて大きいと言わざるを得ません。

また、仮想通貨の歴史はまだ浅く、予期しない問題が起こる可能性もありますし、規制も十分とは言えません。先日、改正資金決済法上の仮想通貨交換業者として認められていない「みなし業者」として業務を継続していたコインチェック社が、NEMという仮想通貨の流出問題を起こすという事件もあったところです。

投資対象として魅力的に感じる方々も多いかもしれませんが、株や債券といった伝統的な投資対象とは比較できないリスクが伴うことに注意が必要です。

■危険な投資話にも注意

また、このような激しい値動きから、ビットコインなどの仮想通貨をネタにした詐欺的な投資話に関する相談が、その後も増えています。これまでであれば明らかに詐欺だなと気づくような、例えば月利で30%とか、もっとすごい話では日利で3%とか(つまり月利90%、なんと1か月ちょっと待てば倍になって返ってくるという話になります!)というような投資話も、「仮想通貨で運用するので…」という説明を加えることで信用させてしまいやすくなってしまいました。いまご紹介した日利3%というような極めて高配当を謳う投資話は少し前から登場していて、インターネット上で特に若者を中心に「HYIP(ハイプ)=High Yield Investment Program」というおしゃれな横文字の名前で流行しているようです。もちろん、そんな儲け話はあり得ません。

せっかくの新しい技術ですが、トラブルに巻き込まれないよう注意深く付き合っていきたいものです。
※金融庁注意喚起サイト https://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/index.html



ひかり弁護士法人アイリス法律事務所
所在地 〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目
20番17号
KDX桜通ビル12階
TEL 052-938-5508
FAX 052-957-2677
●名古屋駅から地下鉄桜通線5分
●地下鉄久屋大通駅1番出口スグ
(1階にスターバックス)
nagoyamap.jpg

安城事務所
所在地 〒446-0059
愛知県安城市三河安城本町二丁目1番地10
KAGAYAKI SQUARE 3階
TEL 0566-72-7220
FAX 0566-72-7222
●JR三河安城駅から徒歩5分
●新幹線三河安城駅南口から徒歩3分
anjomap.jpg

サイトマップ